サイパンのダイビングは、ワンダーシーサイパン店にお任せ!自社ダイビングボート2隻でリクエストへの対応OKです。

ワンダーシー・サイパン店

モルディブツアーレポート

2007年 ワールドダイビングツアー in モルディブツアーレポート
日程    :2007年8月11日〜8月16日 6日間
同行スタッフ:YUMI
参加ゲスト :17名様(成田発11名様/関空発6名様)

1日目(8月11日) 「いざ!憧れの地へ」

AM7:30 成田空港第2ターミナル キャセイ・パシフィック空港カウンター集合11名様
AM7:30 関西国際空港 キャセイ・パシフィック空港カウンター集合6名様


各空港集合後、チェックイン&出国手続き等済ませて、いざ!!モルディブへ〜♪
といきたい所ですが、今回は旅行会社STWさんの香港経由チャーターフライトでのモルディブ行きです。・・・まずは香港へ!
各自フライト時間までDFSにてお買い物やくつろぎ時間。
私は前日にサイパンから日本入りし、成田から引率です。
皆様朝早いのに既にテンション高い人あり、逆にテンション低すぎる人あり・・・(笑)
私にとってはお蔭様で毎年恒例となったツアーの中でも17名様という人数最多、そして何より英語もままならないのに日本人スタッフも日本語が話せるスタッフも居ない日本人ツアーの受け入れが初めてのクルーズに乗船してのダイビングツアー・・・大丈夫なのか?!
と一抹の不安も抱えつついつもサイパンにて一緒にバカ騒ぎ?!出来る楽しいゲストの皆様と6日間ず〜っと一緒!!
そして何より今回皆様と一緒に行くのは『憧れの地・モルディブ!』期待と不安が入り混じったツアーの始まりです。

AM9:45 CX509 成田発  ⇒ PM13:25 香港着
AM10:00 CX503 関空発 ⇒ PM13:05 香港着

香港空港にてワイフケーキ

香港に着いたらマーレへのフライト時間まで各自自由行動。
香港国際空港は広い!!ココはもう1つの都会か?という位のお店の数々で迷っちゃいそうです。
出発時間まで飲茶したり、お買い物したり・・・と自由行動。
日本と香港の時差は1時間なので時間的感覚は殆ど狂う事なく移動です。集合時間まで随分時間あるな〜と思っていましたが結構あっと言う間に過ぎていっちゃった感じ。成田のスタバで朝ごはん食べたのに、機内食も平らげ、そして香港空港内でも飲茶しちゃいました。食べすぎだろう?!・・・と思いつつ、ものめずらしさで食べられちゃうものなんですよね〜(笑)

←香港空港にて「ワイフケーキ」?

PM16:00 マーレ行きのゲート前にて17名様全員集合!

モルディブツアーの集合写真

お買い物からまだ戻ってない方もいたので私は一足先にゲート前に行ったつもりが・・・関空からのゲストさん6名様は既にいらっしゃいました。
あるサプライズの為に私は早めにカウンターへ向かったのです!『先に機内入っていてください♪席座ったら隠れていてくださいね〜!飛行機降りてマーレでばらしますので!』と私が言うと『了解!!』とノリの良いその方は快く承諾してくれ、そそくさと先に飛行機内へ。
その後全員集合、搭乗を確認してから機内へ・・・。
かの方は毛布を被って隠れていてくれました。(笑)
後は皆さん座ったらマーレ着くまで寝ていてくれますように、バレちゃいませんように!(祈)

PM16:30 香港発 ⇒ PM19:50 マーレ着

モルディブツアーのチャーター機

今回の香港発の飛行機は何と!STWさんのチャーター便。
私は始めて乗るキャセイ・パシフィック航空。成田からの便もそうでしたが、マーレまでの便も各席にモニター付きの座席で映画鑑賞♪ 日本とマーレの時差は−4時間なので到着時間は日本離陸後19時間・・・ひょえ〜!!
でもそんなに長い時間移動した?!と言う気分も・・・殆ど寝ていたからでしょうか?

PM19:50 マーレにて・・・

マーレにて

飛行機を降りるともうマーレも夜でしたので、何だかモルディブに来ちゃった!という感動はあまり無かったです。(笑)
香港から乗った飛行機搭乗時はバラバラでしたので、とりあえず全員集合。
そうです!私が遠征ツアー・・といったら毎年この方も居ましたよね??何と、今回はBOSSではありません。
沖縄から琉宮潜水隊のYさん、助っ人参加です。(笑)
何回かお世話になっているゲストさんもいらっしゃいますので、是非に!と私とYさんでサプライズゲストにしましょう〜♪って事に・・・勿論言い出しっぺは私ですが(笑)
この方の参加が決まってから何度も会っていたにも係わらず言わなかった私はイジワルですか?
Y君&K君&SHIちゃん、そしてTさん&Kさん!(爆笑〜!)
そしてご協力頂いたYさんだけでなく、Mちゃんもありがとうね♪ なんとYさん、トイレも我慢していたそうですよ〜(ビックリ)
『何で居るの〜??』ってあの時の皆さんの顔はホント面白かったです〜☆
事件その1 勃発?!
皆さん集合したら、早速入国手続き、荷物受け取り・・・ですがこの時にある事件が!!
噂に聞いていた荷物未到着!? SOちゃんの荷物だけがありません(涙)
早速空港係員にEちゃんが素早く『手配して!』と申し出てくれて助かりました。
さっすがEちゃん!!・・・ただ、クルーズなだけに無事に旅行日程中に荷物がマーレに届いてもクルーズ船まで届けられるかどうかは判らないとのコト。まぁ、女の子多いし水着、服等は皆で協力しましょう!という事になりました。こういう時に人の優しさ判るよね〜。私だけ無く名乗り出てくれたSHIちゃん、ありがとう♪

モルディブのドーニ

WELCOME MALDIVES!
迎えに来てくれていたクルーズ船(BAANI Adventurer)スタッフSAIFとまずは挨拶。
何でも日本人受け入れが今回初ということでしたので、もちろん片言も日本語話せません。
勿論私の四苦八苦な英語(と言うべきなのか?!)でちょっとした打ち合わせ。
よろしくね〜!と握手を申し出たら、スッゴク痛かった!!
思わず『痛い痛〜い!!』と言ってしまう程・・・。(笑)
何でもモルディブ・スタイルなんだそうです。
モルディブは小さな島々が集まっている国で、何処へ行くにも船で移動。
BAANI Adventurer号まではダイビングにも使うドーニで移動です。 この船大きくって、何とコンプレッサーまで付いておりました。
皆さん荷物を載せたらとりあえず記念撮影!モルディブの夜景を見ながらクルーズ船まで港から10分位で到着。

PM21:00頃 BAANI Adventurer 乗船

モルディブツアーのクルーズ船

到着したらとりあえずは荷物をBAANI〜へ。
ぜ〜んぶクルーがやってくれます。
ダイニングにて書類等記入後、船の使い方等説明と翌日のダイビングの予定等をブリーフィング。
初日は移動で終わっちゃいました。
食べて飲んで眠って〜の1日ですが殆ど飛行機の中で・・・でしたので皆様少しお疲れ気味?!到着したらそのままマーレ停泊。
明日はマーレでダイビング。
明日からのダイビングはどうなるんだろう?!ジンベイさんに会えるかな?? 私とガイドであるSAIF、BAANI号キャプテンの3名で翌日からのダイビングについて、航路について等の打ち合わせ。
キャプテン、ガイド両名とも「ジンベイ、必ず見せてあげます」と豪語していました。
その時に聞いた話によると、前回のチームはジンベイさんとのご対面は無かったそうで・・・。
その分、今度こそ!と初日からジンベイ狙いたいというお二方でしたが、私的には今回のメンバーさん、サイパン以外の海外は初!という方が多いのと経験本数に格差がありすぎるので初日は慣れてもらいたいから簡単なポイントでお願い!!とリクエスト。
噂に聞くモルディブ、どんなダイビングになることやら・・・。

PM23:00 就寝

2日目(8月12日)「モルディブ デビュー?!」

AM7:00 起床
AM7:15 ブリーフィング
AM7:30 移動開始

モルディブツアーのクルーズ船は豪華でした

時差があるにも係わらず私だけでなく殆どの皆様、起床時間前に集合場所である船尾のテーブルに居ました。(笑)
雨季というだけあって少々曇り気味ではありますが、所々青空が・・・

2006年に出来たこの船はと〜っても綺麗で豪華な船での朝の時間は、優雅にゆったり気分です。眺め良いと気分もいいですね〜。

セッテイング風景

早速1本目はチェックダイブです。
チェックダイブと聞いて皆様不安顔・・・(笑)
スキルのチェックというよりは『器材と中性浮力のチェックダイブ』ということが判ってちょっと安心した皆様でした。
シグナルフロートも使ったことが無い方が殆どでしたので全員上げましょうということに・・・。
どうなる事やら・・・(苦笑)ブリーフィングが終わると早速ドーニへ移動。

ドーニに乗ったら器材セッティングです。皆様は12Lのタンク。『でかい!』と皆様(笑)
私には有無を言わさずという感じで『キミは小さいから・・・』と9Lのタンクを渡されました。私そんなにチビじゃないのに〜!

1本目 KURAMBA FARU(チェックダイブ)
ガイド :FUSEN DIVE 
IN  :AM8:05
OUT :AM8:53(安全停止3分)
潜水時間:48分間
最大水深:18.6m
平均深度:10.8m
気温  :30℃
水温  :29.1℃
透明度 :15m

キンギョハナダイの群れ

1本目はチェックダイブということで安易に潜れるハウスリーフでダイブ。
今回ご参加のゲストの方達は経験本数30本位の方から200本オーバー。17名様1グループで私がアシスト。
私も含めてモルディブクルーズでのダイビングは皆様初めてです。
透明度は悪かったですが、リーフの近くはキンギョハナダイの群れ等の綺麗な小魚多し!大きなタイマイの歓迎を受け、アカモンガラがコレでもか〜!という程たくさんいました。
私にとってはこのダイブ、安全停止が一番面白かった。(笑)
フロート初使用という方が殆どでしたので、頑張っている姿見るのは結構面白いものありましたよ〜!水面でフロートのロープ絡んでいる人あり、ロープ付け忘れてきて焦っている人あり・・・。
あっちこっちでワイワイという感じで、良い経験でしたね〜(爆笑)

AM9:30 朝食

クルーズ船の料理は最高でした。

ダイブ終了後はドーニからBAANIへ戻り、然程待つ事なく朝食です。
ご飯の時間は、ベルが鳴る!!
ダイビング後はとってもお腹が空くのだ!『待っていました〜』とばかりにダイニングへ行くと・・・美味しそう〜なビュッフェスタイルの朝食。
朝のモルディブの海を眺めながらの気持ち良い朝食、トースターまで用意されていて焼きたて熱々のパンも食べられます。
この船、食事も美味しい♪と皆様ご満悦。
ガツガツ食べすぎじゃない?という位に元気に食べておりました。

終了後には残り物殆どありませんでしたが、この美味しい朝食を食べすぎ、2本目終了後に後悔される方3名・・・(笑)

AM11:00まで休憩

クルーズ船のジャグジー

1本目のダイブ終了後からこの船は移動を始めております。モルディブはと〜っても広い!!
南マーレまで移動しながらの朝食&休憩時間、デッキチェアでお昼寝&日焼けをする方、ジャグジーに入る方、初対面のツアー参加者同士で、おしゃべりしながら交友を深める方達・・・皆様思い思いにくつろいでおりました。

AM11:00 2本目ブリーフィング開始

KUDA GIRI

さぁ!本格的にモルディブダイビングの開始!
と張り切ってブリーフィング内容を聞く。

せっかくのモルディブですもの!参加者全員に楽しんでもらいたいですからレベル別に2チームに分けて!とお願いをしたら、『じゃぁ、YUMIが片一方のチームをガイドしてね』と。
マジ?!モルディブデビューですか?!

とりあえずアシストが必要な方が居る方を・・・と私は50本未満の方が居るチーム担当に。
ブリーフィングが終わると早速ドーニへ・・・ポイントまでは10分位で到着。

2本目 KUDA GIRI
ガイド :SAIF&YUMI 
IN  :AM11:39
OUT :PM12:32(安全停止3分)
潜水時間:53分間
最大水深:32.9m
平均深度:12.3m
気温  :31℃
水温  :30.0℃
透明度 :20m

沈船のポイント

このポイントは南マーレでも有名なポイントだそうで、25年前の貨物船が沈んでいるポイント
水底は深度35m程で砂地になっており、船の近くにはサンゴの棚の根があります。
近くに居るから安心して後ろついてきて!と言っていたSAIFですが・・・我がチーム潜行に手間取る方数名居たということもあり、水底に下りるとSAIFのチームは見当たりません。(やっぱりね〜)という感じ(苦笑)そして真下に沈船があると教えられておりましたが船の姿も見当たらず・・・ちゃんとポイント説明受けていたので、まぁ行ってみよ〜!と。
透明度悪く、少し流れていたこともあり、とりあえず水底に下りていき砂地で皆様落ち着いてから水中ツアー開始です。
まずはアキアナゴ&チンアナゴの歓迎を受けます。出過ぎでしょ?という位にアナゴ君達はクネクネしながら伸びており、居過ぎでしょ?!という位笑っちゃう程たくさん居ましたが深度が深いのであんまり見ていると沈没船見る時間ないよ〜!と船があるであろう方向へ・・・流れに逆らって移動。
少し進むと、ありました!ありました!!
そしてSAIFチームは既に船を見終わった後らしく船から離れていきます。深場を見ても透明度は良くなる気配無しだったので、『コリャ棚の方が楽しそうだ』と思った私。
沈没船は半周程度で切り上げ棚へ移動。
棚の近くは綺麗なお魚さん達が群れになり透明度も 浅いところの方が良く・・・でしたので、浅めにマッタリ潜りました。

固有種のクマノミ

途中ロウニンアジやでっかいイソマグロが悠々と泳いでいたり、固有種のクマノミともご対面。
やっぱりココでもアカモンガラはコレでもか!という程居ます。
この棚は船が沈んでいる側しかサンゴが元気ではないのと、逆側は流れキツイから反対側には行かないでねと言われておりましたので途中まで行ってはUターンして・・・片側を隅々まで見られます。

ちょっとした窪みにディズニーランドかスーパーマリオにでも出てきそうな変な貝を発見!と冒険チックな面もあり・・・で、私自身もガイドしながら『何がいるかな〜?』とドキドキワクワクした1本でした♪
安全停止は棚の上で写真撮影しながら・・・が可能でしたのであっという間に50分オーバーダイビング。

PM13:00 昼食

ランチバイキング

ダイビング終了後、ドーニからBAANI号に戻って来て少し経つとまたまたベルが鳴る♪
朝食を食べ過ぎた約3名様は2本目のダイビング終了時に安全停止中酔ったらしく食べられない方2名(Kさん&Tちゃん)、控えめに食べる!と少し回復してから食べる方1名(MIさん)
お昼も美味しいのにね。
昼食後には毎回デザートにアイスクリームが!コレがまた美味しいのです。
クルーが食べ終わったお皿を下げてくれた後、可愛くお皿に盛ったアイスクリームを持って来てくれます。味も毎日変えてくれる、ちょっとした心遣いも大変嬉しい♪ もう食べられませ〜ん!という位に昼食も食べたら次のダイビングまでお昼寝です。
このクルーズ船、小さなところまで気が利いていて、1日に2回お部屋のお掃除やベットメイクもしてくれます。食事も最高、船全体がホテルですね。いつも気持ち良く居られる。
クルー全員、皆気の良い人たちばかりです。
リゾート気分満載で移動し、眺めも刻々と変わる。 クルーズって最高です☆

PM15:30 3本目ブリーフィング

VILIVARU GIRI

『今度はどうする?1チームか2チームか?』と聞かれて2チーム!と言ったらまた今回も私がガイドに・・・
もうココまできたら『はいよ〜!』って感じです(笑)
次のポイントも南マーレです。2本目よりも更に南に移動していたので殆ど最南端に位置する場所。
釣り等でも有名な島『Guraidhoo』という小さな島の近くでダイビング。

3本目 VILIVARU GIRI
ガイド :SAIF&YUMI 
IN  :PM15:44
OUT :PM16:46(安全停止3分)
潜水時間:62分間
最大水深:20.3m
平均深度:10.2m
気温  :31℃
水温  :30.2℃
透明度 :20m

VILIVARU GIRI

ここのポイントはマクロ!と説明を受けておりましたが・・・
私達が想像するマクロと現地ガイドのマクロの違いだったそうで(苦笑)まぁ確かに大物三昧なモルディブの海にしちゃ〜マクロかも知れませんねぇ。
固有種のクマノミ、ユウメイロの群れがと〜っても綺麗で私はソレにうっとり・・・クマザサハナムロもイッパイ、特大ナポレオン、タコが居たり、カスミアジもサイパンで見るものよりスッゴク大きい!
またまた変な貝を発見。よく見ると何処のポイントにもあったりする・・・。ちょっとした洞窟チックなトコロ、ドロップオフもあり・・・で、透明度良かったらも〜っと、ココ楽しいのになぁとしみじみ思ってしまいました。
まぁ、プランクトン多いから大物も居るんでしょうけれど・・・小さな根をぐる〜っと1周ゆっくり周って気が付くと60分オーバー!!

VILIVARU GIRI

2本目終了時に酔っていた3名様も元気にダイビング終了できて良かったですね!
初日はゆっくりとタンクや海水の塩分濃度の違い、ダイビングスタイルの違い、ウエットスーツが新しい方もいらっしゃいましたので色んな意味で慣れてくれたカナ?
と思いつつ明日に期待と不安を残しつつ、初日のダイビング3本終了です。

PM17:00〜 ガイドSAIFによるGURAIDHOO島ツアー

島に買い物へ

ダイビング終了後BAANI号へ戻って来ると手作りケーキが!
冷えた体と、疲れた体には甘いものが嬉しいですよね〜♪早速皆でガッツき、ワイワイとダイビング終了後のおしゃべりをしていたら、ガイドのSAIFが 『あの島、観光や買い物できるよ。行きたいなら連れてってあげるから、皆に聞いてみて』と・・・
今夜は『Guraidhoo』という小さな島の近くで停泊ですので、時間は気にしなくてOKだと。
こういう時には一致団結、話が決まったら行動が早いのがYUMIツアーメンバー(笑)今すぐ行こう〜♪とTシャツ&短パンで島に上陸。(宗教上の理由で水着だけでは島は歩けません) この船、ドーニだけでなく小さなモーターボートもあるのです。

ビーチでまったり

2チームに分けて5分位で到着する島に送ってもらいました。夕陽を眺めながら島に上陸。
まずは島内観光です。さすが暑い国・・・夕陽を眺めながら涼んでいる現地の方々。この大人数の同じTシャツを着た日本人達を見てさぞかし不思議な事だったでしょう(笑)政府の建物、教会、小学校、地元の商店街等を見学。
途中でバレーボールコートやサッカー場がある一角で遊びながら撮影大会。途中でかわい〜い地元の女の子に遭遇・・・。
去年も沖縄ツアーでとっても可愛い女の子に出会ったのを思い出します。
昨年のツアーご参加の方はわかりますよね?こういうちょっとした出来事も旅のいい思い出になったりします。

みんな元気

その後、御土産物屋さん街へ・・・色んな物が売っております。
木彫りの民芸品や染物等・・・後でわかった事ですが、ココの御土産物、首都マーレで買うよりも同じものが半額位で売っておりました。
皆様結構お買い物しておいて良かったね〜!結構粘ると必ずディスカウントに成功。Mちゃん&Y君、こんな値段では買えない木彫りの御土産物を粘ってGET。
皆様買い物というよりは値切るのに時間掛かったらしく(コレも海外旅行の醍醐味ですよね?!)
全員が船に戻ったのはPM8:00頃でした。

PM8:00 夕食

夜はコースメニュー

全員が揃うのを待っていたかの様に食事のベルが鳴り、夕食です。
夕食は、朝食&昼食と違い、ビュッフェスタイルではなくちゃんとしたコース料理。
一人一人が食べるペースに合わせて持って来てくれます。
スープ、前菜2〜3種、メインディッシュ、フルーツのデザート・・・。
やっぱり美味しい♪いつもにしては3食とも食べすぎという位に食べているハズなのにいつもよりかは動いていないハズなのに、美味しくって食べられちゃう。
もう食べられません、動けません!という位お腹イッパイ☆

PM9:00 ログ付け等

皆様スグに仲良くなっちゃいました

サスガに丸2日間一緒に居て、他に行くところも無いせいだけでなく、今回のツアーメンバーの 人柄でしょうね・・・皆様スグに仲良くなっちゃいました。
お部屋に帰る人はあまり無く、寝る時間以外は皆様お部屋に戻る気配は無いご様子。
ログ付け終了した後でもみんなでワイワイとおしゃべりしたり、満点の星空眺めたり・・・と、和気藹々、ゆったりと時間は流れていきます。
PM10:00を過ぎると前日の時差のお陰で、早めに就寝するかたもありましたが、約2時間は夜の海を眺めながらおしゃべりしておりました。
翌日はジンベイ狙いでアリ環礁に向かう予定。移動時間が4時間掛かるので1本目の集合時間は早めです。皆様がおしゃべりしている間、私とメインでガイドをしてくれたSAIFとで翌日のダイビングについて打ち合わせ。
私は今回のゲスト17名様全員を見ていて、今回のツアーの私たちの意図と参加者全員が楽しんでもらえるよう「こうして欲しい」というリクエストをきちんとツタナイ英語で懸命に理解してもらえるように話しました。

ココはモルディブ。モルディブではモルディブスタイルで!という彼等の意見も尊重しつつ、私達が普段しているダイビングスタイル等の違いもぎこちなく説明(苦笑)
大物が出るポイントはそう簡単ではないであろうことが予想されるのと、翌日の潮周りをみると、大潮なので充分に大物は期待できますが朝は引き潮。流れる事は安易に予想がつきます。
初めは『?』という顔で聞いていたSAIFも次第にわかってくれて、私だけじゃなく、ガイド陣、キャプテンもモルディブの海を皆さんに楽しんで貰いたいという面では一緒であるということがわかり、明日のアリ環礁では今日とは違うダイビングスタイルになるであろう事を考慮し、2チームとも現地のガイドで、私は必要な方達にアシストをするという方向にお願いしました。問題の無い200本オーバーチームはFUSEN、50本未満の方が居るチームを今日2本潜ってくれたSAIFとアシストに私。『約束だよ!』とSAIFに握手を求めると・・・

『YES!』と笑いながら握手。またもやかなり痛かった・・・
忘れてたよ〜!モルディブ・スタイル!!(苦笑)

PM23:00 就寝

3日目(8月13日) 「波乱万丈?!」

AM6:30 起床
AM7:00 ブリーフィング
AM7:30 移動開始

モルディブツアーの朝のブリーフィング

本日も晴天なり〜とまではいきませんが昨日よりは晴れ間が多し!の薄曇り。
本日の1本目は比較的大物狙いで行くとのコト。根までいったら流れがあった場合には、根の上部を移動すると色んな種類のサメが見られるというポイント。もしかしたらエイも居るかも?!の声にSHIちゃん嫌な顔でした(笑)
ちょっと不安だったのですが、朝のブリーフィングの時間にはガイド2名ちゃんと居るのを確認し、少しホッとしました。(苦笑)

1本目 KANDUMA THILA (モルディブ4本目)
ガイド :FUSEN&SAIF
IN  :AM7:44
OUT :AM7:48〜8:05(安全停止3分)
潜水時間:4〜20分間
最大水深:34.9m
平均深度:18.7m
気温  :31℃
水温  :29.6℃
透明度 :15m

ドーニは行く...

ガイドのSAIFにお願いして、かなりの激流だったらポイントの変更をしてねとお願いしました。『チェックに入って決めるから』とポイントに到着したら早速SAIFがチェックに・・・
上がってきたら、『スモールカレント!』と・・・。
ネガティブエントリー(水面集合は無しでエントリー直後に潜行すること)しないと流されるよとのこと。
私が水面で待機。FUSENチームから次々にエントリー。こちらは皆様問題なし。
その後、SAIFチームがエントリー。サスガに慣れて来たとはいえ、イッパイ潜っている方に比べると頑張らないと潜れないので私がサポート。水中に消えて行くのは結構スムーズですが、ガイドのSAIFと2名はドンドン下へ。チョット嫌な予感・・・。水面で皆がちゃんと着いて行けているかを確認するが数人しか見えず・・・もう祈るしかない!と思い最後の方のエントリーが終わると見届けたはずのTちゃんが水面に・・・。あれ??とっくにエントリーしていたよね??と近づくと、ウェイトを途中で落としてしまった・・・との事。
ドーニのクルーにウェイトを貰おうとしたが、手間取っていてナカナカくれない。
こうしている間にどうなっているか判らない水中に居る方達が心配でTちゃんには『ゴメンネ!1本諦めて〜。皆が心配!!』と懇願。潜りたいであろうにTちゃん判ってくれました。
ドーニのクルーに頼んでTちゃんを上げてと頼み、私は皆様の元に。

凄い勢いで追いつこうとしたにも係わらず、私の位置から見えるのは懸命にキックしている4名だけ・・・先頭SAIFを探すが見当たらず、途中で追いついた皆様をまとめながら潜行していくと1人増え2人増え全員が見えたところで安心した・・・のもつかの間、30mオーバーでした。(冷汗)

それでも水深もっと深く行こうとするSAIFと近くに居る数名。
〔え?!まだ行くの?〕と34mを確認したところで『これ以上は危険!』と判断した私。
・・・ですが数名追いつかず、懸命にタンクを鳴らし、気が着いた皆様は浮上を開始。
ゆっくりゆっくりね〜!とスレートに書き、20m程で1回止まろうとしたら、SAIFと2名のゲストは未だ浮上している。『上がるの?』と聞いたら『トラブル』のサイン。
そのまま浮上。潜水時間4分。(マジで〜?!)
どうしたの?と本人に聞くと、どんどん落ちちゃうからBCに空気入れようとしたら入れるなって言っていた。と・・・SAIFに聞くと急にいっぱい入れないでねという事だったらしい。
私も昨日、ココでのダイビングスタイルや注意事項等、本数を重ねていない数名の方達に言いすぎたか?という位に説明しましたがやはり自分である程度経験しないと判らない事もあります。ソレを今回経験しようね・・・と。皆さん上手くなりたい、自分で何とか出来る様になりたい!とまで言ってくれました。皆さん頑張って他の人についていこう、自分も上手くなりたい一心で頑張ったのに・・・。(涙)
自分で管理できる状態になるにはもうチョット掛かると判断した場合、私だったら手を貸してしまう。ソレはココでは通用しないんだな〜と痛感。
私達にとっては激流だった海況もSAIFやFUSENにしてみればスモールな流れ・・・
ダイビングスタイルのかなりの差に私達は少し混乱し始めているのかも??(涙)
潜水時間は少ないものの、一気に深く行き過ぎた為やり直しは出来ない状況。
まぁ、次があるよね〜。誰しも経験することだから・・・と他の皆様も気にしないで居てくれていた・・・と思う。いや、願いたい!(祈)でも片方のチームが入れているのにもう片方のチームが入れないのは結構寂しいだろうな〜。とその後の心配をしていたら、もう1つのチームもスグに上がってきた。あれ??何で?!?
上がって来た数名を捕まえて聞いてみたら根の近くまで頑張ったらしいが、到達できず・・・この激流と深さは無理!!と判断したY君がFUSENに帰ろうと申告してくれたらしい。
はぐれ気味だった2つのチームをYさんは前と後ろで見ていてくれたらしいが根は全然見えなかった・・・と(こちらも涙)急遽必死についていけた人達を集め、緊急会議。
『これじゃ、今回ツアーメンバー全員楽しめないよね?私は皆で楽しみたいです。楽しんだ結果にジンベイやマンタ等の大物を全員で見たい。無理して潜ってジンベイ見れても楽しくは無いと思うのは私だけ?』と私は聞いてみました。皆様一様に『YUMIちゃんに任すよ。俺ら全員今回のダイブはついていくのに必死だった』と。

ほ〜んと、今回のメンバーさん全員に感謝です。モルディブでのダイブクルーズでガンガン行こう!なスタイルを楽しみにしてきた方も居たであろうに・・・。私の気持ちも理解してくれて、せっかく皆で来たんだから皆で楽しもうという皆さんの心遣い私は嬉しかったし、何よりサイパンでの皆様とのダイビングを通した私の気持ちも理解してくれて集まってくれた。
今回の参加者17名様なんだなって感謝しております。
2日間一緒に居たツアー参加者がこの後一致団結できたのもこのアクシデントがあったからだと今は思えます。(前向き過ぎ??)それにしても皆様無事に帰って来られて良かった〜!!
先に上がったチーム員もウェイト落としてちょっと凹んでいたTちゃんも・・・
『無理していかなくって良かったって事で!』ということになりました。
ちょっとどんよりした空気の中BAANI号に戻る・・・
実はY君、コレが200本の記念ダイブ。モルディブで迎える為に調整してきたのに・・・サプライズの記念ダイブフラッグもK君に頼んで作って来てもらったというのに。
一緒に水中でお祝いできなかったどころか、こんなBADなダイブになろうとは(涙)
その事だけが悔やまれました。私が最後にドーニからBAANIへ乗り移ろうとした時、SAIFが私にこう言いました。『チェックしに行こう!マンタがシュノーケルで見られるかも!』

モルディブMAP

モルディブMAP

俺がキャプテン?

俺がキャプテン?

みんな俺の船だぞ!上に注目

みんな俺の船だぞ!上に注目


AM8:30 天使が微笑んだ?!

マンタ登場

急遽チェックに行く事になったので、とりあえず皆さんのところまでダッシュ!『みなさ〜ん!ココで待機!!マンタが近くに居るかも知れないって!!!しかもシュノーケルで見られるらしいよ〜♪チェックしてくるから呼んだらスグにいけるようにしておいてね〜』とだけ言い残し小型のボートで私とSAIFの2人でチェック。

少しボートを走らせると・・・水面近くに居ますよ〜マンタ!!
もっとたくさん居るところ無いかな〜?と少し走りながら見ると水面から3〜4枚は確認できる場所を発見♪ この時私は〔まさに天使が微笑んだよ〜〕と思いました。
BANNI号へ戻るまでも無くOKサインをだすと皆さんまたドーニへ駆け込む!!

皆が来るのを待っていながら〔お願いだから居なくならないでね!!〕と祈っておりましたドーニの屋上に1人仁王立ちで立っている人が!SHIちゃん苦笑い・・・(笑)
キャーキャーはしゃいでいるというよりは歓喜している皆様を見て、〔1本目があれじゃ、数枚のマンタはかなり嬉しいよね〜〕と思いながら私のフィン&マスクを受け取って入ってみると・・・見るまで知らなかった事実が!!数枚と思っていたマンタ様、何と12〜13枚も!!しかもトルネード状態☆ 思わず私も『マジで〜!!』と叫んでおりました。もう凄い!としか言いようの無い位に私達の真下ではマンタショーが繰り広げられておりました。
さすがにプランクトンがたくさんでチクチクしましたがそんなこたぁ〜気になりません!
真ん中に10センチ位の魚のトルネード!(まるでアジ玉)その周りにはマンタがトルネード!!
ず〜っと長い間私達は眺めておりました。30分位はもの凄い光景を眺めていたと思います。
ドーニに帰ろうにも後ろ髪を引かれる思いで戻ろうとするとでっかいマンタの一団がドーニの周りにも!!先に上がった方達ももう一回入る始末・・・。〔そりゃあ そうだわ〜〕
見なきゃ損だよ!こんな光景、一生で2度と無いかも??のミラクル体験ですよ。
見た人にしかわからないだろうな〜!この感動☆

ドーニからBANNIへ戻ると1本目のわる〜い空気は吹っ飛んで一気にテンション最高潮です♪
〔よかった〜。海の神様って居るんだ!ありがとう〜♪〕とこの時ばかりはホッとしました。
あっちこっちで『見て見てぇ〜!!』と自分で撮った写真を見せ合う。
皆さんいい顔しておりましたよ〜♪ただ一人を除いては・・・(SHIちゃんゴメン!!笑)
SAIFもそんな皆様の姿を見て嬉しそうでした。

AM9:30過ぎ 朝食

移動開始

色々朝から一喜一憂していた私達ですが・・・何か忘れていませんか? お腹減ったよね?!
そう!お楽しみの一つである朝ごはん未だですよ〜!ベルが鳴ってもナカナカ食べようとしない皆様でしたが『撮った写真はご飯食べながら見ようよ〜!!』と提案。

やっぱり美味しいBANNIご飯。テンションも上がり食欲も上がった私達はまたもや完食♪

AM10:000〜 まだまだドラマはこれからでした!

イルカの群れに遭遇

そう!今日はアリ環礁まで移動です。ジンベイ率が高い南アリを目指します。
最低でも4時間は掛かるということで本日もジャグジーやお昼寝、おしゃべりなど思い思いの休憩時間。お天気も朝は薄曇りでしたが私達のテンションと共に快晴に!!
私は船尾で数名の方達とおしゃべり&反省会していると・・・何やら船首の方が騒がしい。
何だ?と思って行ってみるとイルカの群れに遭遇♪
最初は数匹がBANNI号の近くにいただけ、遠くで別イルカチームがジャンプ!でしたがドンドンBANNI号の近くに増えてくる、寄ってくる〜☆ これだけ騒いでいるにも係わらず数名居ない!私は急いで船内駆け回りました。
『イルカちゃんいっぱい居るよ〜!!』と全員に声をかけて船首に戻ると更にイルカの数も増えていた!!『キャぁ〜!かわいい〜!! ジャンプ、ジャンプゥ〜!!!!!!』と騒ぎまくりです。
私が一番騒いでいたかも?お陰さまで私のハスキーボイスも更に磨きがかかり、まさに『男前な声』に・・・(笑)コレも結構長い間今度は私達全員を興奮させてくれました。
ホント、私達にツキがまわって来たのかも☆

PM12:00 昼食

ランチ

イルカ大群との遭遇で騒ぎまくった後、お昼ご飯。
朝食が遅かったからあんまり食べられないかも?と思っていましたが・・・そんな心配は泡の如く消え去る。

PM13:00 いよいよ?! まだまだドラマはこれからでした!

移動中は、まったり

昼食が終わるとまたもやマッタリタイム。アリ環礁が近くなるにつれリーフに囲まれたリゾートも垣間見れてきました。
写真で見るモルディブリゾートを見ながら皆でおしゃべりしているとSAIFが『みんないつでもシュノーケル出来る様に準備しておいて!』と・・『何で?何か居た?』と私が聞くと『whale Shark!』と。そう!ジンベイザメ様が近くに居るらしい♪ 
私は急いで皆さんに報告。皆様またもや大興奮☆
シュノーケルでマンタを見た後アリへ移動していたこの船内に全員の軽器材をBANNIに乗せていたのです。ホントに使うことになるとは!
皆さん今か今かと心待ちにしながらイツ声が掛かっても良いように準備をはじめます。

その時にまたもやチョットした事件が!

レスキュー隊員レスキューされる!?
船尾のデッキでカメラ用意したりフィンを履いたりしていたら、『キャー!?』とY君の声が隣でしたので見てみると・・・なんとY君の黒いワープフィンの片一方が階段を降りて行っていた。『?!』と思った。・・・のもつかの間の出来事で、追いかけるがサスガにワープという名だけあって落ちていく速度も速いハヤイ! ・・・オッと、感心している場合ではない。この船動いているのだ!
止めてもらってフィンを探しに行かせてもらうか〜と思っていたらY君の今回のバディーであるO君がフィンも履かずに『レスキュー!』といわんばかりに私の脇を通りぬけて飛び込んで行った。〔あちゃ〜!!〕『船動いてるから取り残されるよ〜!そのボートにつかまって!』私は叫んだ。
叫びながらブイをほどいて投げようとするがナカナカ解けない・・・。O君を見てみるとフィンも履いていないので泳げど泳げど遠ざかっていく。『船止めて〜!』と私が叫ぶと同時か早くか?K君がキャプテンのところまでダッシュ。
BANNIは止まった。そしてSAIFが小型ボートで救出。英雄がBANNI号に帰還したら全員からの拍手(苦笑)ジンベイ探しながらの移動だったのでゆっくり動いていたから良いものの・・・それにしてもよかったよ〜帰って来られて!でも考え無しだった・・・と、飛び込んだO君もちょっと苦笑い。フィンは水中深く落ちていったのでレスキューNG。
仕方ないよね〜。フィンは無くなったけど、そんなに付き合いの長いわけでは無いO君の行動にY君はとっても感謝したそうです。そんなハプニングがあった間にもジンベイ様は泳いでいる。
再度ジンベイ様の捜索が始まった。 結構長い間SAIFの掛け声を待って待って待ち続けた。
・・・が掛け声は全く無い。少々諦めムード漂って来た。
船から遠いが何やらジャンプしているのが見える。殆ど諦めて船首の方向に数名で移動。
前方遠くにまたもやデカイ物体がジャンプ。近くに居たSAIFに『あれ、何?!』と聞いてみた。『Marlin!』と!少し経つと船の真正面でカジキがハイジャンプ♪ マジで〜!!
と再度興奮♪ トコロでジンベイ様は未だ??

PM13:30 過ぎ 逆転ホームラン!?

ジンベイも登場!

何やら船全体がザワメキだした。どうやら待ちに待ち続けたジンベイ様がスグ近くに居るらしい。
SAIFとMちゃん、Y君、私は船首にまでフィン&マスクを持って来ていた。(笑)
前方をSAIFが指差す。その方向を見てみると黒い大きな物体がBANNI号の近くに寄ってくるではありませんか! 『うそ〜?!』と思わず叫んでしまうほど、こちらに向かって悠々と泳いでくる。『JUMP!!』と急かされたが・・・『え?ココ結構高いし、船首ですぜ?』と思っていると『OK!JUMP!JUMP!!』と。
真下にジンベイ様いるのにいいの??と思いつつOKでたからいいや!!と3人で即座に飛び込んだ☆ SAIFに後ろに皆いるから伝えて!!と言いながら泳いでいくとスッゴク近くに見えますよ〜!!水面近くに居るプランクトンを食べに来たらしくマンタの時よりも大きな肉眼でも見えちゃう程のプランクトンがイッパイ!!
チクチクしますがやっぱりそんな事気になりませ〜ん!いや、気にしちゃ居られない!!
全員がジンベイ様の近くに来ると『うぉ〜』とスノーケル越しに可笑しな驚嘆の言葉を一様に上げておりました。もう手を伸ばせば触れちゃうほど近くに居ます!! 
Uターンして戻って来たジンベイ様、足を縮めないとぶつかっちゃう〜!とこちらがよける程真下近くに・・・。〔もう、幸せ〜☆〕な時間でした。光の波紋がジンベイ様のボディーに映る。
ジンベイ様の水玉模様と光の波紋が綺麗にマッチング♪
ジンベイ様は自分の動きに大興奮な私達をみて笑っているかの様に見えました。
大きな口を横長に[にへら〜]と空けて・・・。もう頭の中真っ白!!でした(喜)
『感動体験モルディブ編・その3』です。
このジンベイ様、近くのクルーズ船の中でもBANNI号に居た私たちが独占状態で最初見ておりましたが、他のクルーズ船からもどんどん人が増えていき・・・人が増えてMAX状態になると同時にジンベイ様は深場に降りていきました。 〔バイバイ、またね〜〕と・・・

PM14:30頃 迷い・・・

ジンベイ様を見た後も『見てみてぇ〜!!』と写真の見せ合いです。皆さんいい写真イッパイ撮っておりましたね〜。近くに居たFUSENとSAIFに聞いたら今見てきたジンベイ様はまだ子供・・・ということでした。3Mはあったよ!?あれで子供??大人に会ったら凄い事になっちゃうんだろうな〜☆と思っていると、FUSENが提案。
既にPM15:00近く・・・少し戻ってこの近くで1本ダイブするか、せっかくジンベイ見に来たんだからもうちょっと探してジンベイをもう1回シュノーケルで見るか?
皆で話し合って決めて・・・と。聞いた事、思ったコトそのまま皆さんに伝えて聞いてみました。
ダイビングでは50%の確立でジンベイ様と遭遇できるという・・・
そしてシュノーケルで、だったら探知機でもっと高確率で探せる・・・。
本日の1本目の悪夢が皆さんの頭の中にもよみがえっていた事と思う。
でも、今日の私達はついている!今日もう1本潜らないとSHIちゃんの200本記念ダイブが、モルディブで出来ないかも知れない・・・。皆さんの反応は『・・・・・・・・・』
あれ?!無反応(苦笑)そりゃあそうだろう・・・と私も思う。
ダイビング自体はモルディブに来てから『凄いよかった!』といえる1本は未だ1本も経験しておらず、苦労して潜っている割に良い思いもしていない。本日のラッキーな出来事や楽しかった事全部、シュノーケルや船上で起きているのだ。でも私達はダイブクルーズに来たのである!!
朝の一件で今日のダイブを終わらせてしまっては明日皆さん安心して潜れないかも知れない。
アレで今日を終わらせたくない・・・と思いながら『ダイビングしたい人〜?!』ともう1度聞いてみた。『・・・・・』またもや無反応。
『ダイビングしないの〜??』ちょっとの間の後、全員一致で『はぁ〜い!!』

ジンベイの真上で泳ぐ

ジンベイの真上で泳ぐ

前か見てOK

前か見てOK

すぐそばまで寄れます。

すぐそばまで寄れます。

PM15:00 期待満々?!

激流に逆らうことなく、ゆっくりダイブ

ダイビングすることに決まると、早速ブリーフィング。再三にわたりSAIFに私は言ってきました。
『全員で楽しむダイビングを!参加者全員が楽しいツアーだったといえる旅にしたい』
本日の朝の1本目を払拭させるダイビングをして貰いたい。という事も・・・。
理解してくれたのとSAIFも皆様の笑顔を見て感じ取ってくれたようで、ゆっくり行くから・・・と言ってくれました。流されっぱなしのドリフトダイブ。
激流に逆らうことなくの1チームゆっくりダイブにしようと本日最終ダイブのスタイルは決定しました。50%の確立でジンベイ様に会えるかも知れないポイントで潜ることに決定。
神様は未だ私達にご褒美を用意してくれているのかな??

2本目 Sun BeyruI(モルディブ5本目)
ガイド :SAIF
IN  :PM15:32
OUT :PM16:15(安全停止3分)
潜水時間:43分間
最大水深:23.5m
平均深度:13.8m
気温  :31℃
水温  :30.4℃
透明度 :20m

ドリフトダイブ

ドリフトダイブということで皆さん水面に一回集合。
全員で潜行を始める。初日手間取っていた数名の方々もドンドン上達していくのを間に当たりにして[もう1本今日のウチに潜っておいてよかった〜]とシミジミしちゃいました。
透明度はイマイチ・・・。でも今日の私達のツキは未だ継続しているかも知れないと期待満々で、私はダイビング中もそわそわ&キョロキョロ・・・。(笑)
数名の方達も同じ気持ちだったようで、何回か目が合う・・・。[居ないね〜]とお互いにサイン。
そんなコンナで何を見たのかあんまり覚えていないけれど(苦笑)
このポイントなだらかなドロップオフで棚の近くには色んな生物が居たらしい・・・。
ゆっくりと流して本日のダイビング終了。
ジンベイどころかカメさんも居なかったけれどワクワクしながら潜れたからまぁいいか〜☆

PM17:00〜 BANNI号にて

ダイビングから戻って来るとまたもや美味しい手作りケーキが用意されていた。
そしてFUSENが待ち構えていた。そして私の顔を見るなりこう聞いてきた。
『ジンベイに会った?』・・・と。『?』と思いながら私は『NO・・・何で?』と答えると『皆がダイビングに行っている間ジンベイがBANNI号の近くを通ったらしい。
ニアミスだったか・・・とちょっぴり悔しかったけれど、朝の1本の悪い空気を払拭できた1本だったから善しとしよう!
ケーキを食べながらワイワイとおしゃべりや、その間シャワーを浴びたり、写真見せ合ったり・・・と夕食までの時間つぶし。今日のマンタやジンベイの話でもちきりだった2時間でした。

PM19:00〜 夕食&その後は・・・☆

モルディブの夕焼け

本日もよく騒ぎ、よく泳いだ(ダイビング以外で・・・笑)1日でしたので食欲はもの凄いものありましたね〜。夕食が終わると同時に私はサイパンから持って来ていた記念ダイブ用SHOPオリジナルTシャツをY君に贈呈。皆様からの拍手!写真撮ろうよ〜ということになり、デッキで休んでいたFUSEN&SAIF両ガイドを呼びに行った。ダイニングにて全員での記念撮影。
朝はテンションが低いので気難しい人だと思っていたFUSENから『アニバーサリーダイブしようよ!』と・・・何かと思って聞いてみると船の2階からジャンプしてダイブするんだと言う・・・。
笑いながら通訳するとY君泳げないので懸命に『無理〜!!』
皆さん人事だと思ってはやし立てる☆ 『いやだぁ〜!!』と抵抗するY君。そんな事言わせないとばかりにFUSENもSAIFも貰ったばかりの記念ダイブTシャツを脱がせ、デッキにY君を持ち上げる。その後僕らも行くから〜!と2人で盛り上がり(笑)、他の皆さんも後ろで『ジャ〜ンプ!ジャンプゥ〜!!』と掛け声結局、引き返せない状況にY君ジャ〜ンプ♪ 後に続くはFUSEN&SAIFの両ガイド。3人が上がって来たら次の獲物を探す。なんと助っ人参加のYさんがターゲットに!? ノリの良いYさんあんまり抵抗せずにジャ〜ンプ!! その後私もジャ〜ンプ!!!
こうなったら皆ジャンプさせちゃえ〜♪とY君&Yさん&私は悪ノリし始めた。

もう誰にも止められません(爆笑)『次はだれ〜?』と聞くとドボ〜ン!と自分で入って来る人あり、そのバディさんが上で笑ってみていたら『あれ〜?!』というと早速ジャンプ〜!!です。
皆さんシャワー浴びた後だというのに、入っちゃったら皆テンション高くなり、止まらない勢いで盛り上がる(笑)・・・がまだ数名上で笑ってみている。名指しで呼ぶと・・・呼んでもやってはくれないだろうと思っていた方でさえやってくれます。ジャンプです!!
スカートはいていようがお構い無しです☆私は隠れていたMIさんを捕まえて一緒にジャンプでダイブ。結局全員夜の海で大はしゃぎ♪〆は全員で並んで行こう!!とFUSEN盛り上げる。
サスガに20人全員が一気にというほどデッキは広くありません。2回に分けてダイブ!!
皆でワーワーキャーキャー言いながら子供の様に遊んだ後は本日2度目のシャワータイムです。

PM21:00頃 星空ダンス大会?!

星空ダンス大会?!

シャワーを浴びてデッキに戻ると・・・既にBANNI号スタッフと参加者数名がダンスしておりました。あれ?皆さんそんなに飲んでいましたっけ?(笑)
最初は傍観者だった私もマドンナの曲がかかると引っ張りだされて一緒になって騒ぎ出した・・・ら、もう止められません。結構大人数がダンスしだしました。
船尾は風が通らないので「暑い!」とSHIちゃんと私は船首のスペースでそのまま涼もう・・・と思っていたらSAIFと数名のスタッフがステレオを船首のスペースにセッティング。
『まだやるんかい?』とSHIちゃんと私でしたが、曲がかかったら踊っていました(苦笑)色んな曲がかかる中、結構古い曲がかかるとさすが同年代の数名はもうノリノリで・・・水が入っていないジャグジー、夜は『お立ち台』(古い!?)に早代わりし、星を見ながらのダンス大会が始まりました。途中『私古いディスコソング、いっぱい持って来てるよ〜』とSHIちゃん&SAIFの曲の奪い合いもある中、役2時間近くは踊っていたのではないでしょうか?
途中疲れて寝に部屋に戻った方数名。結構大人数が船首での星空ダンスパーティ&座談会?! で盛り上がりました。

PM24:00 就寝

いい夢見られるかな〜

ダンス大会もお開きになった後も興奮冷めやらぬ方数名。
私は船尾のデッキで涼んでいるとY君&EBさんも部屋に帰る足を止めて一緒におしゃべりタイム。
今回ご参加の皆様方、きっと『一生の思い出』になった・・・であろう今日1日。
まさに波乱万丈としか言いようの無い1日でした。
朝のBADダイブは今日1日が終わると『いいお勉強になった1本だった』といえるようになったゲストの方々。
ホント、マンタ&イルカ&ジンベイさんには感謝です。
みなさん、いい夢見られるかな〜♪
今日コンナ濃い1日を過ごしちゃったら明日は全てが物足りないかも?!
明日はモルディブダイブの最終日です。
どんなダイブになるんだろう・・・

4日目(8月14日)「LAST DIVE」

AM6:30 起床
AM7:00 ブリーフィング
AM7:10 移動開始


いよいよ、モルディブでのダイブ、最終日となってしまいました。
昨日のテンション同様、朝から皆様期待満面です。お天気も快晴〜☆
やっぱり皆さん時間前には船尾のデッキに集合しておりました。

1本目 Arches (モルディブ6本目)
ガイド :FUSEN
IN  :AM7:18
OUT :AM8:13(安全停止3分)
潜水時間:55分間
最大水深:30.3m
平均深度:11.4m
気温  :31℃
水温  :29.7℃
透明度 :20m

モルディブ最高!

本日、1本目はSHIちゃん200ダイブ記念。Tちゃん&Rちゃんの50ダイブ記念でした。
みんなでお祝いしたかったので1チームで、そして皆で記念撮影したいんだけど・・・とリクエスト。
ガイドのFUSEN快く承諾。
このダイブ、ドリフトとはいえ、ず〜っと最初から最後まで流れに逆らって泳ぎ続けたダイビングでした。
お陰で大物には会えました。カメやナポレオン、イソマグロ、マダラエイ等けれど皆様疲労困憊気味。
水中集合写真は安全停止前かな〜と思いつつ、気が付いたらダイブ終了。終わってるよ〜!!(苦笑)
抜け目ないT君、しっかりSHIちゃんに記念ダイブフラッグを渡し個人で撮影して戻ってきたそうです(笑)

AM8:45 朝食

朝食

今日も元気に皆さん食べる!!
朝から結構泳いだので食欲旺盛でしたね〜(笑)
お腹イッパイ食べた後は・・・やっぱりお昼前のお昼寝ですか?!
次のダイビングは北アリ環礁へ・・・長い移動時間再びです。

AM11:30 ブリーフィング
AM11:45 移動開始

2本目 FISH HEAD (モルディブ7本目)
ガイド :SAIF
IN  :AM11:57
OUT :PM12:43(安全停止3分)
潜水時間:46分間
最大水深:23.6m
平均深度:12.8m
気温  :33℃
水温  :31℃
透明度 :25m

このポイントはモルディブでも4つ星の有名なポイント。
根の周りには大物がたくさん居ると聞いていました。ココもドリフトダイブ、そして1チームです。
またまた流れに逆らい続ける・・・でもココすご〜い!!
エントリー直後にたくさんのツバメウオ!こんなに近くで見たこと無いよ〜って位近寄っても逃げません。そして人懐っこいナポレオンも・・・泡に寄ってくるらしく、写真取っていると突進してくる勢いです。私たちが逃げる・・・(笑)大きなタイマイやイソマグロも。
そして綺麗なユウメイロの大群!!凄いんですけど、流れに逆らい続けて・・・ですので、皆さん、根の先端までたどり着くと『ぜーぜー』言ってるのが手に取るようにわかる。
ガイドのSAIFが皆ココで待ってて!とサインすると根の先端の裏側をチェック。
戻って来ると、皆を連れて行って来いと言う。これ以上は行かない方が良い2人を自分が見ているから皆を連れてあっちに行け・・・と。これ以上は全員が行かないほうが良いと私は思った。
2人が行かないのなら皆で帰ろう・・・と私はサインを送る。でもSAIF君、2人は自分が見ているから大丈夫だと。(苦笑)
『だから大丈夫じゃないんだって〜』と思いつつ、近くにいたY君とEBさんの残圧を聞く。2人とも70を切っている。
はっきり言ってY君はエア持ちはかなり良い方だ。Y君がそうだったら他の人も同じかソレ以下・・・だから帰ろう!とサインを送る。SAIF君やっとわかってくれて根から離れて安全停止。上がってから『WHY〜?』とSAIF君。でっかいサメが根の裏側に居たのに・・・と。
もう一回説明しなおし・・・(苦笑)

ツバメウオ

ツバメウオ

正面から写すなよ

正面から写すなよ

ナポレオンも

ナポレオンも

PM13:00 BANNI号にて

全員ドーニからBANNIに戻った後、SAIFとFUSEN、私とBANNI号キャプテンで緊急会議。
今回の海況、参加者全員がはっきり言って楽しめない程の流れと透明度。
確かにサイパンよりは大物は見れてはいるが、「楽園・モルディブ」を楽しみに来た私たちには過酷な状況でのダイブである事。モルディブでは、特にアリ環礁ではこの位の流れが無いと大物も期待できないこと、モルディブのダイブスタイルはサイパンや日本と比べて違いが大きい事。
せっかくのチャータークルーズですから大物を見せたいと思っていたBANNI号スタッフ全員ですが、私はせっかくのチャータークルーズだからこそ経験本数や年齢、性別等関係なく参加者全員が楽しめなければ意味が無い事。
私達は初めてのモルディブという方が大半。また来たい!と思う海を私も含めて経験したい・・・と懇願しました。 はっきり言って今日のダイブ2本とも皆さん疲れている。
現地ガイドの2人に言わせれば『スモールカレント』らしいが・・・。最初手の掛かった数名の方々もメキメキと上達し、一生懸命一人である程度出来る様になってきた。
でもリラックスした状態でのダイビングをしているかと聞いたらきっと大半の方々はNOと答える事と思う・・・とBANNI号スタッフに説明。
ちゃんと伝わったのかどうかは判りませんが(苦笑)
『じゃぁラストダイブは予定変更して南マーレへ戻りましょう』という事になりました。
アリに比べたら比較的穏やかで中級者でも楽しめるポイントはたくさん有るという・・・。
最後くらいはのんびりとモルディブダイブを楽しみたいものです。

PM13:30 昼食&移動

お昼ごはんを食べながら移動です。
私は皆様に南マーレに移動中である事、また移動に4時間程かかることを説明。美味しい昼食を食べたら恒例となったジャグジータイム♪する方あり、デッキチェアでお昼寝&日光浴するかたも・・・
この間、私とK君とで密談しました。(笑)
本日2本とも水中記念撮影は却下された・・・ラストぐらいは撮りたいよね〜と。
もう勝手に撮影しだしちゃおうか?!と決定♪
私の『水中遊び癖』はモルディブでも発揮されるのか?!

PM16:00 ラストダイブ ブリーフィング
PM16:30 移動開始

3本目 velassaru caves (モルディブ8本目)
ガイド :SAIF
IN  :PM16:56
OUT :PM17:48(安全停止3分)
潜水時間:46分間
最大水深:21.1m
平均深度:13.5m
気温  :33℃
水温  :30.1℃
透明度 :20m

モルディブ最高!

ラストダイブですから当然1チームで!!
そして散々却下され続けた水中集合写真も撮りたい!と申し出た。
快く承諾してくれるがいつも却下され続けたので気配無かったら集合かけるからね〜と、皆さんには事前に説明。(笑)
何故かFUSENさんもラストダイブだから一緒に行くよ〜と、ついて来た。(笑)
ドロップオフを流されながらダイブの楽チンドリフト。
ポイント名から判るように壁にはたっくさん穴があいていて中に大物が潜んでいたり、人が入れる大きさのものもあるという。
今までのダイブでは地形のポイントは潜っていなかったのでちょっと違う感じで楽しめるかな〜とワクワクしながらエントリー。
ナポレオンやカメとご対面したり、トンネルくぐったり・・・メインガイドのSAIFは深場をドンドン進んでいくが、全員きちんと深度を保って・・・みんな結構リラックスして自分のペースで進んでいくことも出来る様になり楽しんでいました。
透明度はイマイチ・・・ですが既に夕方。
水中夕陽は多少透明度悪くてもモルディブオレンジの光にうっとりしながら泳いでいると私の真下にいたFUSENさん、Yさんの隣に行ったかと思うと『しー!』とサインしながら何やら始めた・・・。
自分のタンクをYさんのタンクにぶつけて遊んでいる・・・。(笑)
『まるで5歳児だよ〜』とスレートに英語で書いてみた。
ソレを見たFUSENさん、更に悪ノリ・・・何度もYさんにちょっかいを出す。
Yさんはちょっかい出されたら黙っちゃいません。YさんFUSENのタンクにまたがる!

カメ

カメもデカイ

深いぞ

SAIFは深場をドンドン

変だぞ

よく見て、なんか変?

水中で組み体操

私もそれに便乗。それをみたY君、俺も〜!と私の上にまたがる。
近くにいたK君&O君はFUSENの下に・・・結局何人の馬乗り状態だったかは自分が真ん中に居たのでわからず・・・。
FUSENは終始笑いっぱなしでした。コレ、打ち合わせ無しでも結構良いチームワークしていました(笑)途中私だけトーテンポールから離脱。
一人で『?!』という顔をしていたSAIFに近づき、SAIFの上にまたがった私は、上からある物を見せた。
SHIちゃんのちょっと早めのバースディフラッグ。K君に200本の記念ダイブフラッグと共に発注していたのです。皆はまだFUSENの周りでお遊び記念撮影をしています。
気が付かないSHIちゃんの姿を確認して『あそこへ行って〜!』とSHIちゃんを指差す。
2人でSHIちゃんに近づいていくと私とSAIFガイド2人で遊んでいるところを撮ろうとカメラと構えだす(笑) 『気がついてないの〜?自分のだよ、コレ!!』といわんばかりにフラッグ差し出すと大きな目は更に大きくなっていた(笑)そのまま皆で記念撮影!
やはりこういう事には一致団結なYUMIツアーメンバー。打ち合わせ無しでも泡も一斉に消えて綺麗な写真が撮れましたね〜☆ お遊びダイブはアウェイなモルディブではちょっと控えめに・・・(笑)安全停止後水面では綺麗な夕陽が沈みかけておりました。
『きれ〜い!!』とみんな写真パチパチ。そして殆どの皆様が『今の1本が一番楽しかった!!』といいながらBANNIへ戻りました。
ダイビング終わった後の顔が皆さんサイパンでのダイブ後と同じに・・・やっといつもの顔が見ることが出来て私も嬉しかったデス。

PM18:00 BANNI号最後のおやつは・・・

おめでとう

ドーニからBANNI号に戻ると、恒例の夕方のおやつケーキが!
コレがとっても印象深かったのは私だけでしょうか?!
下がチョコで上がストロベリーなケーキ・・・そう味も見かけも『アポロチョコ』なんですよ〜。
皆で早速『アポロケーキ』と命名。
スッゴク美味しかったですね♪ご飯までの時間いつもならこの時間にシャワーを浴びていた・・・のに?!昨日のY君の200本記念ナイトダイブは本日も開催されるであろう事が容易に予想・・・というよりは皆様楽しみにしていたご様子。(笑)
誰もシャワーを浴びずに水着にTシャツ&短パンです。器材を洗って乾し終えた後、時間をもてあました私達は色々遊びだしました。
Mちゃん&Y君はSAIFの長髪を格好良く三つ編み&ポニーテール(・・・というのか?!)
私と数名は・・・K君を捕まえK君の手元にあった油性のマジックでK君にメイクを・・・
メイクといってもどちらかというと落書き?!K君も既にビールを飲んでいたのでノリノリでした。
出来上がった顔は『酔っ払いオヤジ』そのもので、もう直視するのは耐えられない位の出来栄えでした。完成後はそのままK君夕食を食べる羽目になり・・・(爆笑)

PM19:30 夕食、そしてその後は・・・その2(笑)

夕日に向かって

今夜はLaguna Beach Resort近くで停泊。
有名なリゾート島らしいです。
夕食時には明日の飛行機乗るまでのスケジュールを皆さんで打ち合わせ。
ツアーメンバー全員で楽しむ、そしてせっかくのツアーの思い出は参加者全員で作りたいと私は思っていたのでダイビングできない最終日の予定は今夜全員に聞いて決めようと思っていました。
ダイビングも終わり、さぁ最終日はどうしようか?と皆さんに聞いてみるとスグに色々決まりました。
お昼過ぎのBANNI号下船までと飛行機の時間までやることが決まると最後の夕食もモリモリ食べましたね〜。
K君の近くに居た方はK君の顔を見るたびに噴出しながらご飯食べていました(爆笑)
夕食後にはSHIちゃんに200本記念ダイブTシャツをプレゼント。

PM21:00 モルディブダンス☆ショー

さーあ踊りましょう。

夕食が終わる直前、SAIFが私に『BAANI号スタッフ全員で皆さんに歓迎と送別の意味を込めてモルディブの伝統的なダンスを披露したいんだけど・・・』と申し出てくれました。
勿論大歓迎!ですよね〜。食堂を片付けてから呼ぶから船尾のデッキで待っててね。と・・・全員でワイワイとおしゃべりしながら待っていると、可愛いオレンジ色のミニスカート姿でSAIFが登場!?YUMIも勿論やるんだよ〜と無理やりはかされ、3人でおそろいのオレンジミニスカートで記念撮影。その後悪ノリ大好きなこの2人、水着を誰かに借り、ビキニにミニスカ・・・と可愛く?!変身(笑)SAIFが三つ編みならFUSENはメイクです。
(コレはちゃんとしたメイク)私以外はイロっぽく?変身して準備完了?! ダイニングでダンスショーの始まりです。
特殊なステップなので『一緒に・・・』と言われてもナカナカ真似できませんがノリの良さは最強なツアーメンバーです。太鼓のリズムに合わせてテンション上がってきたところで皆で楽しみたかった私はY君&K君コンビを引っ張りだし、私がはいていたオレンジ・ミニスカをバトンタッチ!勿論いつもノリの良い2人は即興で変な踊りを踊りだす。
ソレをみたFUSEN&SAIFも乱入し、オレンジ・ミニスカは色んな人を巡り、嫌がる方でも無理やりはかせて中央に引っ張り出すと、嫌がったのは最初だけ・・・皆さん殆どシラフなのにも係わらず昨夜のダイブ同様ノッてくれます。(爆笑)この人までも?!という方までも引っ張り出し、最終的にはツアーメンバー全員で思い思いに踊りだし、みんなで輪になって踊る。楽しい〜☆ 
まさにテンション最高潮といった感じ。
床が抜けるのでは?というほど皆で騒ぎ&踊り&お腹がよじれるほど笑いましたね!

盛り上がってきてます

盛り上がってきてます

凄いテンション

みんな凄いテンション

真打登場!

真打登場!

『もう疲れちゃって踊れません!』となった頃に、BANNI号スタッフ全員のリクエスト。
『日本の有名な歌を教えて!』と・・・皆で困惑。
『さくら・・・かな?いや違う。う〜ん、何だろう?!』結局、私たちがチョイスした歌は皆で歌える『カエルの歌』だった・・・(笑)
数グループに分かれて輪唱。モルディブの夜に『カエルの歌』・・・結構笑える!!(爆笑)
何故か輪唱・・・の後は、記念ダイブジャンプの時間!本当に恒例なのか?という位FUSENがはしゃぐ・・・こんな事やってくれる日本人って私達だけなんじゃないんだろうか? と思う位に(笑)遊ぶ時にはとことん遊ぶ!が私のポリシーです。皆も同じ気持ちで居てくれるからこそ、ノッてくれるんでしょうけれど。嬉しいことですよね。200本を迎えたSHIちゃんもやる気まんまんです。ですがSHIちゃんコンタクトを落としたら困る・・・と何とマスク持参(笑)
今日は主役なので2階から飛び降ります。いざ2階デッキに立つと・・・『キャー!コンナ高いの?無理!!むり〜!!』といったところで後には引き返せないこの状況。
結局2階からマスクつけて夜の海へ・・・じゃ〜んぷ!!
ガイド2人もじゃ〜んぷ!(自分がやりたかっただけ?という噂も立つくらいにノリノリ・笑)
その後、50本記念のTちゃん&Rちゃん夫妻も仲良くじゃ〜んぷ!!!私もじゃ〜んぷ!
気がついたら呼んでも無いのに今日はスムーズにジャンプする方多し☆
やっぱり皆楽しいんじゃな〜い!?(笑)
ビショビショになって、やっとシャワータイム。その後ログ付け、3日間のダイブの思い出話等、皆で雑談。気がついたらPM12:00を過ぎていた・・・。

PM24:30〜1:30 就寝

相変わらずのコンビ

楽しい時間は経つのが早いのです(涙)明日はもうこのBANNI号ともお別れ。そしてこのメンバーでの旅も明日で終わりです。
満点な星空の下でなかなか席を立つことが、出来なかった私と数名の方々。Y君と私はいつも最後まで起きていましたね〜(笑)
あくびが出たからもう寝ましょう!となるまで喋っていました。

←相変わらずのコンビ

5日目(8月15日)「終わりよければ・・・」

AM6:45 起床

モルディブの朝日

モルディブ最後の朝焼けを見ようと私は早めに起床しました。クルーズ船から見る海の上での朝焼けはとっても綺麗です。
色んなことがあったこのツアーもついに最終日です。
ちょっとすると同じ事を考えた方が居るものですね〜。
起床時間前にはやはり殆どの方達が、デッキに集合していました。ふとデッキ後方をみると・・・大きな魚をさばいているBANNI号スタッフが・・・でかいな〜、コレお昼のメインディッシュかな?とワクワク。

・・・おっと、その前に朝ごはんですよね?

AM7:00〜8:00 朝食

最後の朝ごはんもビュッフェ形式。
今日はダイビング無いけど、やっぱり美味しくってモリモリ食べちゃいます。
ホント、この4日間、残ったものって無いんですよねぇ(笑)
皆様『遊び盛り』で『食べ盛り』ですから!!

AM8:00〜9:30 荷造り等
AM9:30〜10:30 シュノーケルツアー

モルディブの朝日

昨夜の夕食時に決めたことその1
BANNI号下船のお昼まで何して遊ぶか?!即座にリゾートでのシュノーケル!に決定☆
昨夜停泊したのは超・有名リゾート島の近く。
シュノーケルがしたい!と皆様の要望をSAIFに伝えると即答で『OK♪ドーニでリゾート近くまで行ってあげるよ〜。』とリクエストに応えてくれました。
写真でよく見る水上コテージがたくさんあるリゾート島でのシュノーケルに皆様歓喜しました。
疲れちゃったYさん&MちゃんはBANNI号でお留守番する・・・と不参加でしたが、その他の15名様でドーニで5分くらいでLaguna Beach Resortまで移動。
ただ、私達は外から船で来たのでやはりリゾート内には入れないのです。
『リーフから中に入っちゃダメ』との事で外海でシュノーケル。私はドーニで監視員。
上から見ていると結構皆様面白かったですよ〜。綺麗なんですけど、結構深いので魚も遠い(笑)らしく、カメやサメも居たらしいですが、写真を見せて貰うと本当に小さい(遠い)
『まぁ雰囲気楽しんだからもういいや〜』って皆様結構上がってくるのも早かった。
1時間経たないうちにBANNI号に帰ろうということになりました。(苦笑)
何故か打ち合わせもしてないのに、イツの間にやらドーニの屋根の上に全員が居る状態に・・・。
そしてY君の掛け声でいっせいに踊り始める(爆笑)
息も皆合っていて、BANNI号に居たYさん&Mちゃんもクルー皆も爆笑でみていました。

チームワークだぜ

チームワークだぜ

上の人に注目!

上の人に注目!

最終日のシュノーケリング

最終日のシュノーケリング

AM10:30〜12:00 BANNI号船尾にてシュノーケル、その後チェックアウト準備

エイが数枚グルグル泳い

戻ってきたらMちゃんがBANNI号の船尾で数枚のエイに囲まれたらしい。
な〜んだ、あっちに行かなくたって大物見れるんジャンってもう1ラウンドシュノーケル。
ホントに真下にエイが数枚グルグル泳いでいます。
やっぱりエイ・・・と聞いて1名はかたくなに水に入りませんでしたが・・・(笑)
そのほかにもイカの赤ちゃんの行列も!

そろそろ帰る準備しないとね〜と切り上げ、荷造り開始!

PM12:00〜13:00 昼食

荷造りしている間にBANNI号は空港島近くに移動。
BANNI号での最後の昼食も終盤に差し掛かった頃、現実離れしていたのに一気に現実に引き戻された感じがした・・・のは、私だけでしょうか?空港島は結構栄えているので海とリゾート島ばかりの景色だった数日から一気に都会に来た感じ。
あ〜、夢の様な日々が終わってしまう・・・とちょっぴり切なかった(笑)

PM13:30 ドーニで空港島へ

ドーニで空港島へ

せっかく仲良くなったBANNI号スタッフともお別れです。
文化や言葉が違っても仲良くなったら、やっぱり別れは少し切ない?!
今回、凄い体験が色々出来ましたがダイビングではちょっと物足りなかった感があったせいもあり、船上での優雅な生活が居心地良かったせいもあり、ご飯が美味しかった事もあり・・・また来るね〜!!と言いたくなる程楽しかったBANNI号クルーズ。
毎日ダイビングで移動していたドーニで空港島へ向かう時は参加者全員が『帰りたくなぁ〜い!』と・・・。
そんな私達をスタッフ全員が見送ってくれました。
空港島まではドーニスタッフとガイドのFUSEN&SAIFも一緒に・・・空港島に着いたら記念撮影大会。勿論全員での記念撮影も。
ドーニが港から出るときもイツまでも手を振ってくれていたBANNI号スタッフでした。
ホント、この時つくづく思ったこと・・・『終わりよければ全てよし!!』

PM14:00〜16:30 マーレ市内観光

空港島に着くと、STWモルディブ支店(NIPPON TRAVEL)の方がお出迎え。
香港からSOちゃんの荷物が無事に届いたので受け取る・・・あって良かったね〜SOちゃん!!
クルーズ船を降りても私達の旅はまだ終わっちゃいません!
昨夜決まった本日のやりたい事・・・その2
『せっかく来たモルディブ、やっぱり来たからには観光したいよ〜!』との事で、マーレ市内観光を昨夜予約していた。
現地の観光ガイドさんが空港島まで迎えに来てくれました。
空港島から首都・マーレまではバス代わりのドーニで移動です。往復$2で行けちゃうのです。小さな島々の集まったモルディブは空港島、市場や政府建物等があるマーレ、各リゾート、大統領が住んでいる島・・・と1つの島が1つの役割・・・の面白いトコロです。
まずはマーレの主要な建物を案内してもらいますが、全て徒歩です。小さな島ですから1時間程で終了。ダイビングしないとスッゴク暑い国です!スグに皆様『喉が渇いた〜』って事になりお勧めの喫茶店に入ることに・・・。メニューをみると変わったメニューが目に付く。
『ミロ』を見つけて、懐かしい〜♪と思うのは私だけ?『ファンタフロート』はオレンジファンタにチョコアイス・・・見た目通りの味だったそうです(笑)
喫茶店でちょっと休憩した後はショッピングに行くことになりました。
現地ガイドさんについて行くと・・・「花まる子ちゃん」という御土産物店に案内された(苦笑)まさに日本人観光客を意識したお店って感じがして少し悲しい気分に・・・だってその向かいには『竹中直人の店』があるんですよ?!
案内されたので一応入って色々見ていると、ダイビング初日に連れて行ってもらった島の土産物と同じものが数倍の値段で売っていた。みんな買っておいてよかったね〜!!
その後は現地の人達が利用する市場を見に行く事に・・・さっきの土産物屋街とは違った雰囲気。
活気が溢れていて、こっちの方が断然面白いと思ったのは私だけ・・・?!
雑貨店がたくさんある通りを通過して魚市場の前へ。デカイ魚が建物の軒先に置いてあり、もう夕方なのに結構にぎわっている。その後は青果市場へ・・・青果市場なのにバナナや南国フルーツ、野菜と一緒に香辛料の量り売りもしている。
そしてカレー味のバナナチップスも売っている!(恐くて試食が出来なかった私でした)
ココで私はココナッツの美味しいお菓子に遭遇。一目惚れで御土産はコレに決定!
他のものに比べると結構高い。たくさん買うから安くして!と交渉しようとするが断固として譲らない。(苦笑)現地の人が使う市場は殆ど英語が通用しない。交渉に手間取って居るとT夫妻が他の店で同じモノが安く買えたよ!と教えてくれた。早速その店にいって私とMちゃんで買占め・・・。何とか御土産もGETして市場を後にした。
島の端に位置する市場から空港島までのドーニ乗り場まで途中で数件の建物を見学しながら移動。
結構遠かった・・・。暑い上に結構歩いたので私も皆様もちょっとお疲れ気味でした。

マーレにて

マーレにて

花まる子って

花まる子って

マーレの市場

マーレの市場

PM16:30〜19:00 空港島内で自由時間

ツアーのメンバー

空港島に到着し、今買い物してきたお土産物をスーツケースに入れ、PM19:00までの約2時間は自由行動に・・・。
空港近くのフルレホテルのバーで、空港建物外のカフェで思い思いに時間潰しをしながらの休憩。

このツアーのメンバーが、ゆっくりお話できるのも今回コレで最後です。

PM19:00 キャセイ・パシフィック航空 香港行き チェックイン

チェックイン

とうとう、モルディブの地を離れる時がきてしまいました(涙)
この空港、結構綺麗で広かったりします。
チェックインが無事に済むとフライト時間まで、DFSでお買い物・・・と思いきやお店が一軒もオープンしていません。
『マジで〜?!まぁ夜だから仕方ないか・・・』と思っているとあっという間にドンドンお店が、オープンしていく。
この辺が島国って感じですね。(笑)
お買い物がひと段落するとあっという間にフライト時間。
真っ暗になってしまったモルディブの地を離れます。
飛行機内では皆さんコレでもか〜と言うほど寝ていましたね。
ハシャギまくった5日間ですから、飛行機の中でもお構い無しで爆睡☆

私も機内食とトイレ以外は気がついたら寝ていました(笑)

6日目(8月16日) 「夢だったのかな・・・!?」

AM7:15 香港着

香港着

寝て起きると・・・というより着陸の振動で起きたという感じ。
一夜明けたらもう香港。寝ながらの移動だったのでどんより曇った香港に到着したらモルディブ居たのって夢だった?!と錯覚してしまいます。(苦笑)

サスガに長時間の飛行機での移動で皆様面白い位に足がパンパン!
『エコノミー症候群』ってヤツですか?!(笑)
長蛇の列の日本帰国便のカウンターの前で全員の乗り継ぎ手続きが完了するとココで関空組みの6名様とのお別れです。

サイパンでまた会える事を約束しながら、ちょっと後ろ髪を引かれる思いで皆さんバイバイ。

AM7:30〜9:00 香港空港内にて自由行動

香港空港内にて自由行動

フライト時間まで各自自由行動、DFSで最後のお買い物する方あり、飲茶で朝食する方あり・・・。
私は数名の方達と飲茶のお店に入り、コーヒーを頼もうとしたら、ココのお店、メニューが面白い!
朝から爆笑〜☆なメニュー盛りだくさんでした。
スイスブレンド⇒スイス人はコーヒーを混ぜる・・・に始まり、ブルーマウンテンは、青い山のコーヒー!!
まぁ、直訳するとあっているのだけれど・・・しかも日本語で書いてあるのですよ!?1つ見つけると面白くってオーダーまで、かなり楽しんでいました。
朝から爆笑〜!!な香港でのひとときもあっという間に過ぎていき、フライト時間ギリギリまで朝食タイム。

AM9:10  キャセイ・パシフィック航空 成田行き 離陸
AM10:05 キャセイ・パシフィック航空 関空行き 離陸

キャセイ・パシフィック航空

マーレから香港まで爆睡だったにも係わらず・・・やっぱり成田までの飛行機内でも皆様寝ておりました。
・・・まぁ、寝る子はよく育つ・・・といいますものね〜。(笑)
やっぱり寝て起きたらもう日本だった・・・という感じ。

PM14:35 成田空港 着 解散
PM14:45 関西国際空港 着 解散

行きの飛行機で荷物ロスト事件があったので心配していた全員の荷物が出てきたのを確認し、その後解散。
寝ぼけているのか?連日のバカ騒ぎで疲れたのか?・・・結構皆様ボ〜っとしていました?!(笑)
私はそのまま第2ターミナルから第1ターミナルへ移動し、夕方の名古屋経由便でサイパンに戻る・・・でした。
チェックインの時間まであまり時間が無かったので皆さんにはバタバタしながら「またサイパンでね〜!!」と挨拶も慌しく・・・でスミマセンでした。(苦笑)

みんなまた行くぜ!

長いようであっという間の5日間でした。
今回参加された方達全員、帰国後は『楽しかったね、またYUMIツアー企画してね〜!!』と言って貰えて大変感謝しております。
ほ〜んと色んなハプニングがありすぎて書ききれない事もあるくらい。(笑)
今回のツアーでも『ダイビングはやっぱりサイパンが最高!!』と私を含めて皆様も感じた事でしょうけれど・・・色んな意味でいろんな発見、そして何より最後には楽しかった!と思えるツアーになって良かったと心から思っております。
私も行く前ははっきり言って少し不安だったのですよ。(苦笑)
17名様という大所帯の引率が私一人だけ・・・しかも日本語もままならない私が日本語の通じない国で英語のみで代表としてコミュニケーションを取る・・・。
参加者は殆どの方達がモルディブ初めて!!という方が多い中で、自分でも『大丈夫なのか?』と思うホド・・・(苦笑)話が出た時には17名も集まるなんて思っていなかったし、ましてやモルディブでのクルーズ船チャーターなんて・・・と思っておりました。(苦笑)
人数が集まって、まぁ何とかなるだろう。ココまで来て引き下がれないぞ!・・・と思って行っちゃいましたが、今回の参加メンバーを見てある程度は盛り上がるだろう。
とは思っていたものの、ココまで盛り上がるとは正直、自分でも思っていませんでした。
毎年WONDERSEA YUMIツアーに行かせて貰っていましたが過去最多の人数で、しかも初の国外。
過去最高の盛り上がりだった。(しみじみ・・・笑)
言葉では書ききれないほど、表現しきれないほど、ホントに楽しかったし、一生の記念となる位色んな事があって、皆で一緒にイッパイ笑って、イッパイ食べて、たっくさん遊んだ数日間。
私は帰国後、騒ぎすぎたせいで声も枯れ、笑いすぎたせいで腹筋筋肉痛に悩まされました(苦笑)

また皆で何処かへ行きたいね〜って思えるツアーでした。
来年もあるかな?! YUMIツアー・・・

                           『来年は絶対行くぜ!』by BOSS

トップページ サイトマップ会社案内お問い合わせ
©2008 ワンダーシー サイパン店